トップページ
ストーリー
キャラクター紹介
システム紹介
サンプルCG
体験版



カーソルを当てると変化します


「ひぃぃいっ! まさか、まさかっ・・・まさか・・・ソレっ・・・」

金属の筒先が、未踏の入り口である割れ目にぐっと頭を埋める。

「イヤぁあああああああ! やめてぇえエエエえええぇ!」

冷たい銃身が楓ちゃんの膣口の入り口を少しずつ切り開く、肉を裂くような感覚が手に 伝わってきた。

「痛いぃいっ・・・イタっ、やめてぇえ! イヤぁああ! 助けてぇえェぇえ!」

痛みに暴れる楓ちゃんの脚を片手で押さえつけながら、銃をねじ込んでいく。

「イヤだぁあっ! お母さぁあん! 俊樹くぅんっ・・・ぎゃっ・・・痛いぃいィ!」

銃身が楓ちゃんの膣内に少しずつ埋っていき、手ごたえも重くなってきた。 力任せにぐいぐいと押し付けて、膣内を削るようにえぐっていく。

「あぁぁあァアぁっ・・・イタぃいい!」

「ちっ・・・もっと入らないのかよっ・・・それっ!」

「うあ゛あ゛あ゛ぁああっ!」

「水無月ぃいいいい!」
学生の見ている目の前で、拳銃が楓ちゃんの処女膜を確かに突き破った。
「見ろよぉっ! ロストバージンだぞ・・・はははははは」








「さあ、ペロペロ舐めるんだ・・・できるだろ?」

「ふぐぅううっ・・・」

無理だと言わんばかりに首を振る小梅ちゃん。
「やらないと・・・」
俺は小梅ちゃんのブレザーとシャツをまくり、ブラをずらして乳房をむき出しにする。

「!!」

豊満で柔らかなふくらみを俺はわしづかむと、グッと握り締める

「うぅううっ・・・むぐっ、ふぐぅううっ!?」

敏感な乳房を力づくで握り締められる痛みに、たまらずもがく小梅ちゃん。
だからといって、手を緩める気はない。
「舐めるんなら、優しくしてやるぞ」

「ふぐっ、ふぐっ・・・むぐっ、げほっ・・・むぐぅう・・・」

こくこく首を振って、肯定の意思を示す小梅ちゃん。
手の力を緩めてやると、小梅ちゃんは仕方なく引っ込めていた舌を出した。

「むぐっ・・・ちゅぷっ、ちゅぷっ・・・うぷぅ・・・ちゅぱっ・・・」

口内で、舌がチロチロと勃起を舐め始める。
「ぉぉ・・・いい感じじゃないか・・・」
柔らかな舌が敏感な勃起の先端に当たると、快感が突き抜けていく。






「うっ、ちゅぷっ・・・ほ、本当に気持ち悪いっ・・・ちゅぷっ、ちゅ・・・」

「なんだ? お前、フェラチオとか経験ないのか?」

「あっ、当たり前でしょう!? チンポ舐めるなんて、汚いから断ってたわよ!」

「ってことは、俺がチンポ咥えたのは初めての相手ってコトか」
そう聞いて、俺の勃起が昂ぶりを増していく。 肉軸が太くなるのを感じた珠美が軽蔑したような眼差しを向ける。

「そ、そんなことが嬉しいことなの? あたしはイヤイヤやってるんだから あんたが喜ぶ理由にはならないはずよ」

「イヤイヤやってるっていうのもそそるぜ」

「なんて人なの・・・」

「無駄口叩いてないで、もっとしっかり舐めろよ

「分かったわよ・・・ぺろっ、ちゅぷっ、ちゅぷ・・・ンンっ・・・」

俺は珠美ちゃんの乳房を揉みまわしながら、腰を揺すった。

「うぶっ、げほっ、むぐっ・・・やだ・・・」





カーソルを当てると変化します

「イタぁあっ!」

叫んだ拍子に、身体が揺れて痛みが走ったらしい。
そうそう、むやみに動かないほうがいいぜ・・・
俺は心の中で苦笑しながら、美鈴ちゃんをさらに絶望に追い込むことにした。
「小倉も来いよ・・・二人で楽しもうぜ」
「うへ・・・待ってましたぜ」

「あっ・・・な、何!?」

いきなり、小倉にパンティをずるりと下ろされると、 美鈴ちゃんの丸いお尻がむき出しになる。
窓からの光で、お尻が反射していてまぶしいくらいだ。 やはり、健康的な張りを感じさせる。
「こういうのは久しぶりでやっぱ興奮しますね・・・へへへ・・・」
美鈴ちゃんに初めてで二穴レイプははっきり言って、かなり酷だろう。 だが、小倉はそんな気遣いも持ち合わせていないから、勃起を握り締めて近づいた。

「やだっ・・・痛いのもうヤダぁっ・・・おじさんまで、なんでっ・・・」

拒絶の声は恐怖で震えていた。小倉が勃起の先端を、当然のようにお尻の割れ目に押し付ける。

「いやぁぁっ! やめてぇっ・・・怖いよぉっ!」

目的がまったく分からない美鈴ちゃんの黄色い悲鳴があがる。
お尻の割れ目が小倉の指でグイと引っ張られ、隠れていた薄い茶褐色のすぼまりが狙われた。

「あっ! そ、そこっ・・・お尻だよぉっ・・・あっ、ああっ!?」

尻穴にグロテスクな勃起の先端が押し付けられる。






「くぅっ・・・うっ、うぅっ・・・いい加減にしなさい、よぉっ・・・くぅぅっ」

顔を仰け反らせてもがく珠美を押さえつけて、カクカクと腰を動かす小倉。
「俺さまで5人目か?」

「わ、分かってるんでしょ? い、いちいち聞かないでよっ・・・はぁはぁ」

今にも大泣きそうな顔の珠美。
精神的にも追い詰めようとする小倉の問いかけに、なんとか反論しようとするが、 身体が反応して言葉が続かない。

「アン・・・アぁん・・・くぅっ、アん・・・あぁっ・・・アんっ・・・」

「かわいい声出すじゃないか。俺のときは痛がってたくせに・・・気持ちいいのか?」
俺が覗き込んで尋ねると、珠美はキッと睨んだ。

「コイツのがマシよ! アンタの乱暴なセックスの何倍もね!」

「俺さまのチンポが気に入ったらしいですぜ。嬉しいな」

「ちょっ、変な誤解しないでよ・・・あたしは好きなんて言ってな・・・」

ぐちっ・・・
湿った音が響く。

「アァァァぁあっ! アンっ、アアンっ・・・ひぃ、イヤぁあっ!」

小倉が好き勝手に腰を動かし始めると、本来の荒々しさが出てきて、珠美はそれまでの 突きが準備運動に過ぎないと思い知らされる。
「俺さまのチンポが好きなら、精子も好きって所だろ?」

「あっ、アン、あぁっ・・・ま、まさかっ、アンタもっ・・・はぁはぁ・・・な、中に出すつもりじゃないでしょうね? アンっ・・・」

「俺さまは子供も大好きだから、堕胎なんかさせないつもりだぜ」
怖いことを言いながら、小倉は自分の快感を優先して動いている。









「むぐっ・・・はぁ、はぁ・・・ぺろぺろっ・・・うぷっ・・・けほっげほっ・・・ちゅぱっ・・・ちゅぱっ・・・」

俺はグロテスクに傷ついた膣口をツンツンと舌先でくすぐり続ける。互いに股間を舐め合う光景は、異様だった。

「うぶうぅっ・・・ちゅぷっ・・・んんっ、はぁんっ・・・くうぅっ・・・」

舌先にかすかに透明の液が滲み出して溶け出すのが伝わってきた。 もどかしく感じたのか、楓ちゃんは尻を振って逃げようとする。
その姿が、こっけいだった。

「はぁんっ、イヤだぁっ・・・舐めるのはやめてっ・・・アぁあっ・・・」

「気持ちよくなってきたんだろ? 誤魔化さなくてもいいぜ」

「そんなことっ・・・ちゅぷ、ないですからっ・・・んっ、はぁっ・・・」

「さっきから、エロい汁が出てるんだけど、違うのか?」

「ァアぁあっ・・・イやぁっ、アンっ、ひぃいっ・・・」







「小梅ちゃんは外に出して欲しいのか」

「・・・・・・」

コクコクと肯定するように頷くのを見ながら、俺は意地悪く笑う。
「じゃあ、俺は中に出すわ。小梅ちゃんの希望の逆にね・・・」

「・・・・・・・・ひどい・・・」

「小梅ちゃんが逆のことを言えばいいだけだろ? 中がいいってさ」

「うぐぅうっ・・・うっ、っ・・・ぐぅっ、うぎっ・・・」

激しく後ろから腰を揺すりたて、小梅ちゃんに苦痛を与えていく。
「早く言わないと中に出しちゃうぞ」
そう脅しながら、乱暴に突き上げる。 俺の腰の動きでフィニッシュが近いと悟った小梅ちゃんの顔が青ざめた。

「うぎぃぃいっ・・・くぅうっ・・・ウウぅ・・・ひっ・・・」

痛がりながら、小梅ちゃんは必死に言葉を考えているようだった。
少しでも中に射精されるリスクを下げるために・・・

「中に・・・出してください・・・うっ、うぅっ・・・」

いいように突きまわされる苦痛をこらえながら、口を開く。
「具体的に何をどこに流すのか教えてくれないと分からないよ」






「ううっ・・・み、美鈴っ・・・ワシは構わんからっ・・・」

「おじいちゃんを殺さないでっ! 言うとおりにするからぁっ・・・」

「老人は大事にしないとな・・・よーし、じゃあ、腰をおろしてごらん」

「ぐす・・・は、はいっ・・・」

美鈴ちゃんは下唇をかみ締めながら、ゆっくりと足を曲げた。
「そのまま座ってもだめだよ。ちゃんとチンポを割れ目に入れないとね」

「ぐすんっ・・・わ、分かりましたっ・・・うっ、ぐすっ・・・こ、こう?」

恐る恐る、細い指先でつまむようにして勃起の角度を変える美鈴ちゃん。
握るのがイヤなのか、本当に指先で軽くつまむ程度なのが、嫌悪感の大きさを 物語っている。
「そうだ・・・そのまま、一気に座って入れるんだ」
手で陰茎の位置を調整した美鈴ちゃんは、覚悟を決めて腰を下ろしていく。 一気にと命じても、こればかりは覚悟が必要らしい。

「はぁ、はぁ・・・くっ・・・うぅぅ・・・ひっ・・・」

じりじりと割れ目を押し開きながら腰を落としていく美鈴ちゃん。

「あっ・・・痛ぁっ・・・ぐっ、ひぃぃいっ・・・くっ・・・」

美鈴ちゃんは涙ぐみながら、少しずつ腰を下ろそうとしている。 だが、少しでも進めるだけで痛いらしい。






「あぁっ! ダメぇええっ! だめぇえっ、痛いぃっ! やめてぇっ!」

ぐっと割れ目が広がって、無機質な車止めのポールの先端が膣をえぐっていく。
「さあて、どこまで入るかな」

「あんた、狂ってるわ! ばかぁっ! あぁっ! 痛いぃ! 痛いっ!」

少しずつポールの先端が珠美を串刺しにしていくのが見えた。 珠美の身体が完全に俺とサラリーマンの二人の手で空中に浮かされていて、 彼女の体重で少しずつポールが挿入されていた。

「ギャぁああぅ! あ゛あ゛あ゛ぁあッ!」

警察やマスコミが見守る中で、珠美の股間にポールが深くまで入り、まるで処女のような絶叫が響き渡った。

「ぐあぁアアぁあっ・・・壊れるぅうっ! うぎぃぃいっ!」

「これはすげえな・・・血が出てるじゃないかっ!」

「痛いぃいっ・・・やめてよぉっ! ほ、本当に血が出てるじゃないのっ!」

「沢木! 人質に危害を加えるのはやめなさい!」
刑事が思わず叫び声をあげる。






「・・・ぐすっ・・・あ、あたしのおっぱい・・・見てください。
け、結構、大きいでしょう?」


警官隊やマスコミが見守る中で、楓ちゃんは肌を晒すしかなかった。
人質の命を救うために・・・

「ぐすっ・・・が・・・我慢できない人は・・・ち、チン・・・チンポ・・・ぐすっ、チンポを出してしごいてもい、いいですよ・・・」

楓ちゃんの情熱的な言葉に反応するものはいなかった・・・あまりに非現実的な光景だったから・・・

「あ・・・」

楓ちゃんの目に映ったのは、カメラを廻しているカメラマンの男だった。 使命感のないパパラッチ系の男なのだろう。
カメラのシャッターを切りながら、興奮した顔をしている。

「そ、それじゃあ・・・さ、最後の一枚・・・脱ぎますから、見てくださいね」

シャッター音を気にしながらも、楓ちゃんは最後の下着に手をかけた。
「も、もういい・・・もういいから・・・やめなさい」
楓ちゃんは刑事の言葉を無視して、パンティに手をかけた。 スルスルと女の子らしい上品な仕草で下着を脱ぎ下ろしていく。
丸まったパンティを脱ぎ落としながら、楓ちゃんは直立して見せ付けるように 命じられた言葉を言う。

「見てください。楓の・・・お、お・・・オマンコを・・・そ、そこのカメラマンさん、ちゃんとかわいく録ってくださいね」


楓ちゃんの言葉に、カメラマンたちがカメラを構えた。






「アアああンっ・・・俊樹くんのチンポっ、入っちゃうぅうっ、アアぁあンっ・・・ ひぃいっ、くぅうっ・・・」

「水無月っ・・・うぅ・・・」

「はぁはぁ、はぁ・・・俊樹くんっ・・・嬉しいっ・・・あんっ、アアっ!」

「お、俺もだ・・・」
俊樹は頷くと、ゆっくりと腰を進めていく。

「あンっ・・・ひぃぃっ、大きいよぉっ・・・アアんっ、くぅうッ・・・あぁ!」

まだ昨日、無理やりレイプされてから時間も経っていないというのに、楓の反応は 明らかに違っていた。

「アアンっ、あたしっ・・・俊樹くんが相手だから喜んでるんだよッ!  他の男なんか相手に喜んだりしないからぁっ・・・アンっ・・・」

「うん。分かってるよ・・・」

「アアアぁあっ・・・お、奥に当たってるぅっ・・・アアんっ・・・」








スタジオセピア