<みちる>髪を引っ張らないでぇッ!
<祐介>いいから、咥えるんだよ!
<みちる>んぐっ!
無理やりみちるの口に捻じ込む。
陰茎に歯が当たった。
<祐介>痛えっ!
<みちる>きゃあっ!
<祐介>噛むんじゃねえ!
俺が再び手を上げると、みちるは慌てて口を大きく開いた。
その瞬間を狙って、一気に陰茎をさらに入れる。


ウィンドウを閉じる