<幸助>ほーら。チンポだぞ・・・おいしいか?
<香織>ちゅぷっ・・・んんんっ・・・ちゅくっ・・・ふぐぅっ! うぅ!? ふぐぅぅうっ! ちゅぷっ・・・
必死に否定するように首を横に振る香織ちゃん。
おっ・・・口の中でチンポがねじれて気持ちいいっ・・・
調子に乗った俺は、がっちりと香織ちゃんの顔を固定したまま、陰茎をさらに突き立ててやった。
<香織>ふぐぅぅっ! おぉおォっ・・・くちゅっ・・・くちゅっ・・・ んぶっ!? うぅっ・・・うぐぅぅ!
苦しそうな吐息が陰毛を揺らし、床に広がった香織ちゃんの髪の毛が 切なげに揺れた。
<香織> んっ・・・んごぉっ! くぷっ・・・んぶっ・・・ウウゥ! うぐぅぅうっ! ちゅぷっ・・・ううぅ!?
何か抗議しているらしい。
言葉は全然分からないが、そのたびに舌が陰茎の先端に当たり、 圧縮された空気が軸を刺激した。
<幸助> おお・・・もっと、何か叫んでくれないかな?
<香織>んぐぅぅっ・・・んっ・・・ンンっ・・・!
俺を興奮させるとも知らずに、呼吸を求めて必死に呼吸しながら、 香織ちゃんは舌でなんとか陰茎を追い出そうとする。
<香織> むぐっ・・・くるしぃっ・・・んごっ・・・くるひっ・・・ ううぅっ・・・ふぐぅっ・・・
<幸助> 何言ってるのか分からないや・・・はははは・・・


ウィンドウを閉じる