カーソルを当てると変化します
<小雪>きゃあああああっ!
大きく脚を開くと、まるで小用をたす幼児みたいな格好だ。
<孝作>やっぱ、剃って正解だったな。よく見えるぜ。
<小雪>いやあっ・・・
自分でもあまり見ないであろう股間を、先日まで見ず知らず だった男に見られているのだ。 小雪にとって気が狂いそうな時間だろう。
<孝作>さすがに神聖な感じがするな。
淡いピンクの筋が一本だけ走っている姿は、あまりに卑猥だ。
<小雪>ああんっ!
<孝作>おやっ?
俺の手が恥部に伸びると、喉に絡みつくような悲鳴をあげて小雪は小さな身体を弾ませた。 指先にぬるぬるとした液体が張り付くのを感じて、俺は苦笑する。
<孝作>おいおい、濡れてるぞ。


ウィンドウを閉じる