<小雪>いっ・・・イタイィイぃいィイイッ!
痛みを摩り込むように、俺は何度も彼女を揺すった。 そうしてがんがんと腰を叩きつけながら、ついに根元まで 陰茎を埋めてやった。
<小雪>ううっ・・・助けてぇっ・・・
<孝作>誰も助けになんか来ないよ。
<小雪>誰でもいいから助けて・・・このままじゃ死んでしまう・・・ あぐっ・・・痛いッ!
本当に痛いのだろう。 陰茎の先端まで締め上げている膣の狭さを考えれば、間違いなくそう思う。
だが、俺にとってはその締め付けがもたらす快感は半端では なかった。
<孝作>こんなに気持ちいいんだったら、もっと早くにやってれば良かったかもな。
<小雪>うぇぇっ・・・ひどいぃ・・・
痛みと屈辱、かつてない悲しみが彼女を襲っていた。


ウィンドウを閉じる