<小雪>んむっ・・・はぐっ・・・
小雪は再び陰茎を口に入れると、さっきより大胆に舌を動かし始めた。 技術などないに等しい稚拙な舌使い。 だが、小雪の可愛らしい顔を見下ろしながら、刺激をされる だけで気持ちよかったから問題ない。 技術など後で教えればいいことだ。
<孝作>いいぞ。もっと先端を舐めろ!
<小雪>んぐぅぅっ・・・
いいように命令され、口の中を弄ばれる悔しさに小雪は涙を零していた。
<小雪>んぐっ!
小雪の舌が陰茎の先端を舐めると陰茎はさらに膨張して、彼女の口いっぱいになってしまう。
<小雪>んんんっ・・・ぐっ・・・
<孝作>そうだ・・・その調子だ・・・


ウィンドウを閉じる