<瑞穂>ああっ!
<雄太>半分くらい埋まったぜ。ラケットに犯してもらえて嬉しいか?
<瑞穂>そんなぁ・・・こんなことって・・・
<雄太>すげえよな。こんなに入るなんて。
それなりの太さと固さだ。
瑞穂の膣は悲鳴をあげんばかりに広がっていて接合部からかすかに血が出ている。
<瑞穂>ううううっ・・・
<雄太>さーて、試合を始めようか。


ウィンドウを閉じる