<琴美>許して、センセー! 痛いから、もう抜いてぇっ!
<雄太>安心しろ、これからお前の身体でヌいてやっから。
俺は激しく腰を揺すり始めた。
<琴美>アガああァァアああッ!
<琴美>痛いイィィッ!
快感のためだけに俺はただ腰を揺すり続けた。
琴美の苦痛に満ちた表情にゾクゾクとする快感を覚えながら俺は絶頂を目指して何度も琴美を突き上げた。


ウィンドウを閉じる