<敦子>きゃっ!
<雄太>はあはあ・・・いい身体してるじゃないか。
俺は下着の上から乳房を掴んだ。
さらに股間をパンティーに包まれただけのお尻に押し付ける。
勃起した陰茎の先端が敦子の尻の割れ目に当たり、柔らかい谷間の感触が伝わる。
それだけで陰茎に血液が流れ込む。
その間も両手で乳房を揉み続けている。
小さな敦子の乳房は固めの感触で驚くほどに弾力に満ちていた。


ウィンドウを閉じる