俺はベッドに横たわると、恵美を抱き寄せた。
屹立した陰茎の真上に恵美の膣が来るようにして、身体を跨がせる。
<雄太>よーし、そのまま腰を下ろせ。
<恵美>くっ・・・あ・・・
恵美が腰を落とすと、陰茎が恵美の中に飲み込まれる。
たちまち、シットリとした女の膣に陰茎は包まれた。
<雄太>おお、絡みつくようなマ○コだな。


ウィンドウを閉じる