カーソルを当てると変化します
<幸>きゃあっ!
竹刀の先端が幸のスカートを引っ掛けると、そのまま勢いよく引っ張り上げた。
<幸>放してよ・・・
<不良A>ほう・・・パンツの色は白か。
<不良C>うへへへ、学生らしくていいねぇ。
男たちに下着を覗き込まれて、幸は怒りに顔を赤くしている。
<不良B>たまらねぇ!
我慢できなくなったのか、幸の腕を押さえていた不良の一人が幸の胸に手を伸ばした。
<幸>うっ・・・触るなぁ・・・
<不良B>柔らかい揉み心地だぜ。
<幸>くっそぉ・・・放せぇっ!
必死に不良の手の中で暴れるが、腕力では勝負にならない。不良Bはいやらしく幸の胸の感触を味わいながら、耳元に息を吹き込んでいる。


ウィンドウを閉じる