<亜希子>きゃあっ!
スカートを下ろすと、青いカラーの下着が露になる。
<俊夫>へえ・・・白だと思ったら、こんな派手なパンツかよ。
<亜希子>うるさいわね。どんな下着つけようが勝手でしょう?
<亜希子>きゃあっ!
ブラウスを一気にはだけると、下着に包まれた身体を一望できる状態だ。 清次郎にほんの少し前まで犯された身体だと思うと、俺は興奮を覚えた。
<俊夫>一体、清次郎のバカにどんなことをされてきたのかな?
俺は指で下着の上から盛り上がった恥丘を撫で回した。染みが広がっていた。
<亜希子>いい加減にしてよ・・・
<俊夫>清次郎にされたことを言わないと、犯すよ。
そういいながら、ブラジャーに手をかけた。
<亜希子>やめて・・・じょ、冗談でもこんなことだめよ!
<俊夫>これでも、まだ冗談だと思っている?


ウィンドウを閉じる