<チンピラC>おい。女。股を開けよ。
<智子>えっ?
<チンピラC>ちっ!
<智子>いやっ!
男が苛立ったように智子の両脚を大きく広げた。
智子の脚を開かせたそのチンピラは、これから始まる凌辱劇に期待した満面の笑みを浮かべていた。
<智子>・・・・・・
複数の男のむき出しの欲望から、目を背ける智子。
だが、その男はそんな智子の態度すら許すつもりはないようだった。
<チンピラC>おらっ! こっち見ろや! 俺の顔をよーく見ろ。
<智子>あっ・・・ゆ、許してっ・・・
力なく哀願する智子の声は、怯えきっていた。
俺が智子にした凌辱よりも、男たちの方がはるかに残忍だった。
荒々しい粗暴な性格の男が、智子の膣に陰茎を突き立てながら、 脅すように笑った。
<チンピラC>俺から目を離すなよ。犯されるところをよく見るんだ。
<智子>ひっ・・・や、やっ・・・やだっ!
<智子>ああっ!
不良は容赦なく彼女の膣を貪り始めた。少しの快感を覚えさせない荒々しい動きだった。
<智子>うぅぅぅうっ! い、痛ぁあっ! 痛い、いたっ!


ウィンドウを閉じる