<明美>おおっ・・・センヘェー
口を完全に塞がれているので、満足に言葉を紡げない状況にも関わらず、明美は必死に抗議する。
<明美>やめふぇ・・・やめふぇくだふぁい! くるひぃ!
<毅>ははははは、マヌケな声だなぁ。おい。
<明美>んぐぅぅうっ!
涙をぽろぽろと零しながら、泣き叫ぶ明美の頭をガッチリと押さえ込むと、腰を動かしてさらに陰茎を入れる。
<明美>おごぉおおっ!
狭い口内を圧迫するように、勃起した陰茎が押し入ると明美は息苦しさに荒い呼吸を鼻で繰り返した。
そして、くぐもった悲鳴と共に、口の中で舌が陰茎を追い出そうと必死に先端を突いた。
それは舐める動作につながっていた。
<毅>うまいぞ・・・西岡。
<明美>おおぉぉっ! やめふぇっ! ふぇんふぇ〜!
叫ぶたびに舌が動き、陰茎の先端や中軸に当たった。
その度に、快感を覚えて陰茎は熱く固く昂ぶっていく。
<明美>んんんっ!
さらに大きくなる陰茎に驚く明美。
ふふふ、こういう初心な反応は、やっぱり嬉しいものだな。


ウィンドウを閉じる