カーソルを当てると変化します
<美弥>痛いぃ・・・
柔らかさを味わうように両手で握り締めると、勃起した陰茎がさらに角度を増して美弥の股座に当たった。
<美弥>いやあっ・・・恐いぃ!
勃起を擦りつけながら、乳房をしばらく揉む。吸い付くような手触りと、豊かながらしっかりした弾力が両手に伝わってきた。
<毅>ふふふ、そろそろいいだろう。
<美弥>ああっ・・・
俺は陰茎を固定すると、美弥の小さな割れ目に押し付けた。
すでに愛液で濡れている膣口を突付きながら、俺は腰を動かした。
<美弥>ひっ・・・だめぇえっ!
<毅>おおっ、これが膜か?
<美弥>だめっ・・・入ったらダメですっ!
狭い坑道を少しずつ陰茎でこじ開けるうちに、膜の存在に当たる。
<毅>それっ!
俺は初めての瞬間を味わうために集中しながら、腰を突き出した。
<美弥>あぎゃあぁぁああっ! あうぅぅうっ!


ウィンドウを閉じる