<悦子>あっ!
形の美しい乳房を揉みながら、腰の動きを落とす。
<悦子>い、いきなり優しくしてどうする気ですか?
荒々しい動きから、優しく労わる動きにされた戸惑いで、悦子は思わず尋ねる。
俺は返事をせずに、リズミカルに乳房を揉みまわし、舌で乳首を舐めあげた。
<悦子>あああっ・・・やめてぇっ・・・
舌先で乳首をマッサージしつづけると、すぐに勃起してきた。
官能の火が灯った悦子の膣口から愛液が溢れ出す。
<悦子>んああっ・・・ま、またおかしくなっちゃう・・・
鼻にかかったような声をあげる悦子。
<毅>おやおや、気持ち良さそうだな。最低なセックスのはずだろ?
<悦子>こ、こんなことで私の心は屈したりしません・・・
<毅>鼻声で言われても説得力ないよ。


ウィンドウを閉じる