制服の中でブラジャーを持ち上げた。守る物を失った少女の乳房を俺は包み込むように掴んだ。
[エミリ]やだ・・・
[桃吉]オッパイもステキだね。
言葉通り、彼女の乳房の吸いつくような手触りは俺をさらに興奮させる。
雪化粧をほどこしたように、雪にまみれた少女の身体を俺は両手で触り続けた。


ウィンドウを閉じる