[聡美]あ、あんたに情けはないの? 今でも痛いんだから、無理に決まってるじゃない!
ざくろのように真っ赤な割れ目に陰茎は埋まりかけていた。
[桃吉]そのまま座れ!!
[聡美]痛いんだから、無理だよ。
[桃吉]なら、こうするまでだ!!
[聡美]ギャッ・・・ああアアア!!
下から突き上げながら、両手で聡美の身体を転がす。 バランスを崩した聡美はそのまま倒れ込む。
陰茎が体重でズブズブと沈み、崩れるようにして沈んだ彼女は完全にくし刺しにされてしまう。
[聡美]痛いッ・・・痛いいぃぃッ!


ウィンドウを閉じる