作品中の音声を録音したものです。

[綾子]
「ぐすっ・・・は、早くっ・・・ひっく、洗い流さないとっ・・・」

言いながら、綾子はシャワーを股間に当てる。

[綾子]
「うぎぃぃいっ・・・いたぁっ・・・し、染みるっ・・・はぁ、ぐっ・・・」

赤く腫れあがった秘裂からはかすかに精液の白濁した塊が糸状になりながら流れるだけで、さっき出された精液の量には足りない。
綾子はため息をつきながら、ゆっくりと指を膣に押し付けた。

[綾子]
「うぅ・・・い、痛いっ・・・ぐっ、うっ・・・で、でもっ・・・うっ、が、我慢しないとっ・・・くぅっ・・・」

指先が少し触れただけで痛みは激しく綾子を突き抜けていったが、気にする余裕はなかった。

[綾子]
「うっ・・・ぎっ・・・くぅぅ・・・で、出て行ってっ・・・ぅうっ・・・」

指を膣に押し込んで、ほじり出すように動かすとズキズキした痛みが走り抜ける。
指先がねっとりとした精液に触れると、綾子はためらうことなくそれをかきだす。

[綾子]
「ぐすっ・・・痛っ、ぅぅ・・・ぐっ・・・出てって・・・ぅう・・・」

指先にまとわりついた粘っこい液体は、そのままシャワーで流れ出て排水溝へと消えていった。





ウィンドウを閉じる