<理恵>あっ! ば、バカっ・・・やめろっ・・・ヤメッ!
僕の狙いに気づいた理恵が顔を背けようとするが、僕は手で彼女の顔を固定した。
<理恵>んぶぅううっ! ちゅぶっ・・・んんっ! んんんっ!
理恵の無防備な唇に口を押し付けながら、キスをする。
柔らかい唇のぼってりとした感触を楽しみながら、さらに強く唇を押し付ける。
<理恵>うぐぐっ・・・んぶっ、やめぇ・・・ふぐぅうっ!
悲鳴をこぼす唇を塞ぎながら、舌でペロペロと唇を舐めるが、理恵は歯を食いしばって、舌の侵入を拒んでいた。
まったく、世話が焼ける女だぜ。
<理恵>んぶっ! ひぃいいっ!
ブラジャーを片手ではねあげて、理恵のおっぱいをつかむ。
柔らかなその膨らみをタプタプとリズミカルに揉むと・・・


ウィンドウを閉じる