魔王になってマップを制圧し、女勇者を凌辱するまでを描く「都市制圧SLG+凌辱ADV」です。
物語も続編ではなく完全に一新して新しい女勇者アネットと世界征服を企む魔王との対決を軸に、都市マップも新しい世界で描いてます。
マップのモブキャラの凌辱シーン、勇者の冒険など前作のシステムはもちろん、スキルの概念を導入した新しい戦闘システムも進化します。
10周年記念作品と銘打って、前作よりボリュームも多く、ゲーム性も高く、物語も楽しめる作品に仕上げていきますのでご期待ください。


過去最大の6人もの声優さんを起用して、名前のあるモブキャラも含めて13人の女性登場キャラは全員がフルボイスです。
勇者アネットを取り巻く仲間たちや、都市に住む村娘や女騎士、魔法使いなどの豊富な登場キャラ数でボリュームたっぷりに収録しています。
凌辱シーンでの痛がる悲鳴や絶叫、快感に甘く喘ぐ声など、声優さんの熱演も光ります。


攻撃・生産・強化のコマンドを駆使する戦闘パートでは、システムもパワーアップしていて、特に「強化コマンド」ではスキルの概念が生まれました。
強化できるのは攻撃力・防御力・統率力で、強化レベルが上がると戦闘を有利にできるスキルを獲得することがあります。
スキルを獲得することで見られるイベントや、逆に人間が戦闘の中でスキルを獲得したりすることも。
また、人間から積極的に攻撃してくるなど難易度もアップ。もちろんイージーモードで難易度を下げるのでSLG初心者でも安心。
ミニキャラによる戦闘シーンのアニメーションも今回はさらにモーションを用意。
ちょっとした演出ですが、生産コマンドではパコパコと女の子が犯されているアニメもあります。


勇者の冒険パートは今回もシナリオをさらに練り上げてたっぷりと盛り込んでいます。
魔王の手下の魔物も前回のオークやゴブリンなどに加えて、サハギンやリザードマン、サイクロプスなど新モンスターが登場。
女勇者の冒険に魔王としてどう関与するかでシナリオが変わります。
魔王の城まで勇者をたどり着かせるもよし、最初の街で揉み潰し、捕らえて凌辱漬けにするのもあなたの自由です。
勇者の仲間も物語にどのように絡み、また魔物の凌辱に巻き込まれるかも本作の一つの見せ場です。


モブキャラクターの凌辱シーンも多数収録しました。
村娘や花嫁、女冒険者など様々なキャラに凌辱シーンを用意。女性キャラはもちろんフルボイス。
多人数の凌辱シーンでごく一部のCGは、横広や縦広のCGを用意してスクロールするような仕組みを取り入れました。
広い画面のCGをスクロールすることで迫力を損なわずに描写することを狙っています。
一枚のCGで二人、三人、四人が同時に凌辱されているような状況もいくつも用意していますので、ご期待ください。


前作にはなかった「船(海路)」や「砂漠」「闘技場」「洞窟」といったRPG定番の新マップが描かれ、そこにまつわる制圧イベントも待っています。
マップは完全に一新し、新しい舞台アルフォンス王国を巡り、魔王の侵略計画と、勇者の冒険の旅を描いていきます。
その土地に住む人々の物語と勇者の物語、マップを制圧することでそれらは変化していきます。