カーソルを当てると変化します
<理恵>んぐッ! うぅぅっ!
<幸一>ご、ごめん・・・理恵ちゃん!
俺は我慢できずに、腰を理恵ちゃんの口に押し付けるようにして、 揺すりたてていた。
自分の意思というよりも、身体の願望に近い。
<理恵>うぶっ! あうっ・・・ふぅ、ふぐぅうっ!
苦しそうな理恵ちゃんの息遣い。 だけれど、俺はそんな理恵ちゃんの苦しむ顔に興奮さえ感じて しまっていた。
こんな一面が自分にあったなんて知らなかった。
そして・・・一度、抱いた欲望は消えそうにない。
<幸一>うっ・・・はあはぁはぁ・・・り、理恵ちゃん・・・理恵ちゃん!
俺は由紀の妹の名前を呼び続けながら、腰を動かしていた。
<理恵>ううっ・・・せ、せきぐひさん・・・くるひっ・・・
止まらない腰の動きに、理恵ちゃんが逃げようとするが彼女の顔を押さえつけて、俺はさらなる暴行を続ける。
<理恵>あぅ・・・う、ふぐうっ、うぅぅっ! うぶっ、ふあアっ!
<幸一>り、理恵ちゃっ・・・ううっ!
<理恵>むぐっ!?
ドピュ・・・ぴゅっ・・・
<理恵>あぅぅうっ! ひっ・・・
<幸一>ご、ごめん・・・理恵ちゃん・・・ほ、本当にごめん!
<理恵>ごくっ・・・ん、ごくんっ・・・ごくっ!
<幸一>えっ? 理恵ちゃん・・・
せ、精液飲んでるのか? 俺の精液を・・・自分から・・・!?


ウィンドウを閉じる