トップページ ストーリー キャラクター紹介 システム サンプルCG ダウンロード 攻略



CG1 | CG2 | CG3


サンプル画像

[アン]
「わわっ、ジャック兄ぃっ、ちょっと揺らさないでっ! あっ、いやだっ、無理だってば!」

身体を押さえつけているジャックのほうが焦れていたのか、アンの華奢な身体をぐらぐらと揺さぶってきた。

[ゴリアス]
「ぐふふ、自分から腰を下ろしたほうがいいぞ」

[アン]
「う、うぅぅ、なんでこんなことにっ……痛いっ、分かったから、うううう!」

男二人に逃げ場を奪われて、サーカスのマスコット的存在の愛らしいアンは悲壮な決意をする。
もう腰を下ろすしかないのだ。

[アン]
「はぁはぁ、うっ……うぅうっ……ぐ、ううぅううっ!」

いざ覚悟を決めてアンは腰を沈め始める。
すでに照準を合わせられている結合部、そこがそのままかみ合い、アンの中へヌルリとしたゴリアスの勃起の先端が入る。
なぜかぬめった勃起の先端の不気味さに嫌悪感を抱くアンだったが、入り口が広がるとすぐに痛みが押し寄せてきた。

[アン]
「ああううっ!? 痛いっ、くっ……痛いよぅっ……やっぱりっ……無理……」

[ゴリアス]
「まだ先っちょも入っておらぬぞ。根を上げるのが早すぎるのぅ……」

痛苦に顔を歪めてアンは立ち上がろうとするが、ジャックがすかさず身体を押さえつけてきた。

[ジャック]
「ほら、頑張れ……これからだろ?」

[アン]
「わっ、ちょっ……ジャック兄っ、押さないで! あっ、アぁっ……」

[アン]
「アぎゃアぁあァアぁぁああぁぁぁぁあ!」

[ゴリアス]
「おおうっ、入ってきたぞぅっ!」

[アン]
「いぎぃぃっ、だめェ、無理だよぉ、あぎゃっ、アギゃアぁあ、入ってきちゃうっ、いだっ、痛ぁァア!」

メキメキと狭い膣穴が広がる、いやそんな生易しいものではなく抉じ開けられているという表現が合うぐらいの痛みが突き上がる。
アンはゴリアスの勃起を受け入れる痛みから逃れようと必死に膝に力を入れるが、ジャックに押し付けられて逃げられない。

[アン]
「うがっ、アぁ゛!? いだ、いだぃいっ、許してっ! ジャック兄、お願いだから、たずげでェっ、あぎャぁあ! ぎゃヒぃいぃぃっ!?」

[ジャック]
「こらこら、半分も入っていないんだぞ。まだまだ……」



サンプル画像

観客席からシーリスの敗北への歓喜の声が広がり、会場全体を満たしていた。

[男剣闘士]
「へへへ、観客もお前の敗北に大喜びだぜ! この万雷の拍手が聞こえるだろ?」

[シーリス]
「くそぅっ……あたしが負けるのがそんなに嬉しいのか。ここの連中はっ、ちくしょうっ……」

シーリスの胸を覆っていた防具は戦いの最中に外れて地面に無残に散らばっている。
こぼれ出た胸の膨らみを大勢の観客が見つめ、これから起こる凌辱劇に期待するような吐息がこぼれる。

[シーリス]
「おい、どうせ犯すんだろ。あたしの負けは認めるさ……さっさとヤれよ!」

[男剣闘士]
「威勢がいいじゃねえか。いいぜ……こっちも我慢できねえしな」

[シーリス]
「っ……」

下着がずり下げられると、秘裂が空気に触れてシーリスはぐっと悲鳴を飲み込んだ。
前みたいに惨めに泣きわめくことだけはやめようと心に誓う。
この男剣闘士はもちろん、会場で湧いている観客も喜ばせたくなかった。

[シーリス]
「ぐっ、うううっ……くそっ、この程度っ……うううう……く……」

濡れてもいない膣口に侵入してくる男の陰茎。
痛みが走るが、前よりは我慢できそうだ。

[観客たち]
「おおおおおおお!」

観客の声に背中を押されたのか、男剣闘士自身が興奮を抑えきれなくなったのか、腰を使われ始める。

[シーリス]
「ぐ、アぁああっ……くっ、大したことないな、はぁ、はぁっ、ぐァっ、ぁううう!」

膣口を抉られる衝撃に歯を食いしばりながらこらえるシーリス。

[男剣闘士]
「ちっ。強がってるのか? へへ……これならどうだ?」

[シーリス]
「アぁあっ、うう、気安く触ってんじゃないっ、ぐっ、ううっ、覚えてろっ、次の試合で利子をつけてお返ししてやるからな!」

[男剣闘士]
「ちっ、まだそんな減らず口を……」

胸を揉みながら男は腰を打ちつける。

[シーリス]
「うぁっ、あっ、ぐっ、うっ! お前みたいなクズに何をされても、負けないぞっ……うっ、ぐァっ!」

[男剣闘士]
「そういう強気な態度されるとこっちも壊したくなってくるな。へへ……」



サンプル画像

[男剣闘士]
「いいか? そのバカい自慢のおっぱいで俺のチンポを気持ちよくさせるんだ」

[リーナ]
「あ、呆れましたわっ……庶民の考えることは理解できません……」

[男剣闘士]
「だからそのままおっぱいを使ってしごくんだよ。チンポをな」

[リーナ]
「こんな大勢の人の前でアッシュ家の長女である私がそんな真似できるはずないでしょう!?」

[男剣闘士]
「貴族の娘なんだったな。ならばなおさら、お前から奉仕させたいね」

[リーナ]
「くっ、いい性格してますわね……これなら、無理やり犯されるほうがまだ面目が保てますわ……」

言いながらもリーナは胸に男の陰茎を挟み込む。
しごくという言葉の意味が分からず戸惑っていると、男の注文がすかさず飛んだ。

[男剣闘士]
「そのままおっぱいを揉んで、挟み込んだチンポを刺激するんだ」

[リーナ]
「こうですの? うっ……屈辱ですわ……こんな下賎な男のモノを……うっ、ん……」

[男剣闘士]
「そうそう、その調子!」

[男剣闘士]
「元貴族の令嬢にチンポをこうして奉仕させるのは気分がいいね! うははは」

[リーナ]
「本当にゲスですわね。こっちは最低の気分ですわ。恥を知りなさい!」

[男剣闘士]
「ふん、お高く止まってるんじゃねえよ。お前が負けたのが原因なんだからよ」

[リーナ]
「きゃっ、痛い……髪の毛を引っ張るのはよしなさいっ! うっ、うう!」

男剣闘士は苛立ったようにリーナの自慢の金髪を引っ張る。

[男剣闘士]
「気合入れてしごけよ。ほら、そのおっぱいをもっと揉んで挟み込むんだよ!」

[リーナ]
「分かりましたわ。こうすれば満足? 男ってヤツはっ、もう……」

ヤケになって乳房を握りしめて揉むリーナ。
リーナにとって自分の大きな胸はどちらかといえば貴族パーティで胸の開いたドレスを着たときに男の目を惹いて好きではなかった。
今、その乳房が皮肉にもこの男を喜ばせるばかりか観客にまで好奇の目で見られていることが悔しかった。

[男剣闘士]
「そうそう。うーん、柔らかくて気持ちいいぜ……」

[リーナ]
「ううう、おっぱいの間で大きくなってますわっ……いや……」

[男剣闘士]
「まだ物足りないな。おい、次は舌でその先端を舐めるんだよ」

[リーナ]
「くっ……調子に乗ってますわね。本気でこの臭いのを舐めろというの?」














[広告] ゼニカル