トップページ ストーリー キャラクター紹介 システム サンプルCG ダウンロード 攻略



システム紹介・主人公の選択について

このゲームでは3人のヒロインから好きな主人公を選択してプレイすることができます。
システム紹介1

オープニングではそれぞれのキャラクターの生い立ちと剣闘士として連れてこられた経緯が描かれます。
日常の中に差し込む悪魔の罠……それにはまる少女の姿をお楽しみいただけます。



ヒロインは欲望渦巻く闘技場の奴隷商人の手に落ちて、平穏な生活から剣闘士の養成所での奴隷としての人生を強要されます。
3人にそれぞれシナリオがあり、また剣闘士としての生活の中でそれぞれの結末もまた違います。
また、このオープニングパートは一度見たら繰り返しプレイのために飛ばすことも可能です。


システム紹介・訓練パートについて

養成所では日常会話なども挟みながら、基本的には教官に稽古をつけてもらう訓練パートを中心に構成されます。
訓練で鍛えながら試合の日に備えましょう。


このように訓練パートで鍛えられるのは「剣技」「体力」「素早さ」の3つのパラメーター。
試合に備えてバランスよく鍛えていきましょう。
また隠しパラメーターとしてバイオリズムがあり、調子のいい日はキャラクターが「今日はいける」と前向きなセリフを発言し、パラメーターも大きく上昇します。不調の日はネガティブなリアクションをしたりもしますよ。

剣技攻撃力に関係するパラメーターで、高いほど大きなダメージを与えられます。
また相手より剣技が高いと攻撃の手を読みやすくなります。
体力防御力に関係し、相手から受けるダメージを軽減できます。
素早さ互角の攻撃だった場合は素早いほうのダメージが通りやすくなります。
また素早さが高いほどクリティカルヒットの発生率が上昇します。
剣技を磨けば試合で相手の手を読むことができるようになり、有利に試合を運べます。
試合の日が近づくと対戦相手と試合日が教官から通達されます。

また、右クリックメニューでは主人公のパラメーターをいつでも確認できます。



システム紹介・試合について

訓練をある程度積むと、試合がセッティングされます。闘技場で行われる剣闘試合には大勢の観客が押し寄せて試合の行方を見守ります。
控え室で教官から簡単なアドバイスをされ送り出される女剣闘士。
試合会場で頼れるのは自分の実力だけです。



バトルに突入すると、手前に主人公、奥に対戦相手が表示され、コマンドが選択できます。

試合では縦斬り、横斬り、突きの3つの攻撃の型があります。

これは対戦相手も繰り出してくる型で、縦斬りは横斬りに強く横切りは突きに強く……という具合にそれぞれに三つ巴の相性があるので、相手より強い攻撃をしなければこちらがダメージを受けてしまいます。
1ターンで4回の攻撃モーションを選ぶことができ、相手の手が分かるときは相性を考えて型を選択しなければいけません。
また防御ばかりを選ぶとダメージは受けづらいですが観客から罵声を浴びて試合が不利になったり、逆に攻撃を当て続けると観客から歓声を浴びて大技を繰り出せたりします。
観衆の試合での応援が試合にこのように影響を与えることもあるのです。

またバトルは構えから攻撃や防御、ダメージなどのモーションにあわせてキャラクターのCGも変化します。
簡易アニメーションというほどではないのですが、バトルの掛け声もあいまって臨場感のあるバトルを楽しめます。



敵のHPを見事に削り取ったならば勝利となり、剣闘士としての名声を得ることができます。
勝ち続ければ剣闘士としてのランクが上がり、やがて優勝のかかった試合に臨むことになるでしょう。



システム紹介・凌辱について

試合に敗れた剣闘士に待ち受けるのは悲惨な結末です。



飢えてギラついた欲情をむき出しにした男剣闘士は負けた少女を自由に犯せる権利があり、またこのショーは試合の呼び物でもあるようです。
万が一、試合に敗れれば容赦なく観衆の前で裸に剥かれて犯されてしまうことでしょう。

ハードな凌辱シーンを彩るのは声優さんの熱演。
リョナ寄りの凌辱シーンでは迫真の絶叫をお楽しみいただけますし、負け続ければ身体が疼き甘い嬌声をあげることでしょう。
さらに負け続けたとき、剣闘士としての価値がないと判断されたヒロインに待ち受けるのはもっと悲惨な運命。
どんな結末を迎えるかはプレイヤーのサジ加減で決まります!
もちろん、一度見たレイプシーンはいつでも回想モードで再生可能です。














[広告] ゼニカル